大阪経済大学監督で、元報徳学園高校監督の鶴谷邦弘先生が、一昨日お亡くなりになりました。いつもインカレなどの大会の時には、神戸学院のチームベンチに来られ、コーヒーを飲みながら、私達に色々な話をしてくださいました。全く違う大学なのに、どんな試合でも見てくださり、アドバイスをいただき、本当にありがたかったです。
昨年の西日本インカレと全日本インカレは、鶴谷先生がベンチに来られなくて寂しいと皆で言ってましたが、お身体がそんなにお悪いとは、思いもよりませんでした。
昨日のミーティングでは、監督も副監督も私達も涙して、本当に悲しいです。監督、副監督が昨日ご自宅に行き、先生にお会いしてきた話を今日聞き、私達も先生から受けた教えを胸に頑張っていかなければ、と改めて思いました。
「どうせやるなら、いい思いをせなアカン。これだけやって、結果が出ないのはアホらしい。結果を出さないのは、もったいないんや」鶴谷先生が私達に言ってくださった言葉です。
これから、大会で鶴谷先生がベンチに来られないのは寂しいですが、秋に先生に必ず良い報告をします。今まで本当にありがとうございました。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

0コメント

  • 1000 / 1000

神戸学院大学女子駅伝競走部 応援ページ

「エメラルドフェアリーズ」 夢に向かって、 緑の風が駆け抜ける。 緑の妖精たちは、走り続ける。 晴れの日も、雨の日も 努力はうらぎらないと信じ、 この道はつながっていると信じ、 仲間たちと走りづつける。 走り続けてきた道は、夢の舞台に繋がっているから。